« チーズ君との一日は・・・ | トップページ | 母のこと »

大好きな人

大好きな緒形拳さんのブログ「ハラハチブンメー」が2月末でとうとうクローズしました。お亡くなりになってからも心優しい管理人さんが素敵な写真とメッセージを更新してくださり、同じように拳さんを慕う方たちの熱いコメントに触れることができるやすらぎの場所でしたconfident まだしばらくは閲覧できるのですが、やっぱりさみしいですねcrying 実は、拳さんのご自宅の近くに、私の家族が眠るお寺があるんです。駅から離れている場所なのでタクシーに乗るたびに運転手さんが、「ここ、緒形さんの家だよ。いい人だよ~!地元の人はみんなあの人のこと好きだよ!」って言っていたのをよく覚えています。父の生まれ育った街に住む俳優さんとして子供だった私のこころに強く残ったのです。もちろん、両親も妹も大ファンでした。その後、ある映画の試写会で偶然にも隣に座ったときはドキドキしすぎて映画どころではなかったですlovely それから拳さんがビールのCMに出演されたことがありましたが、知人がこの仕事を担当していた関係でちょっとした食事会にご一緒したこともありました。ご挨拶程度の会話だけでしたが、静かな佇まいと優しい眼差しで常にニコニコcat 本当に素敵な方でした。私にとって大切な大切な思い出。拳さん、大好きです。ずっとずっとずっと・・・大好きです。Photo_2

|

« チーズ君との一日は・・・ | トップページ | 母のこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

☆SATOMIさん。
お隣に拳さんが座ってらしたら・・そりゃあ
映画どころじゃないでしょう。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
でも、誰でも出来る経験ではないです。
宝物。
「地元の人は、みんな好きだよ」
拳さんの人柄がうかがえますね。
そういう方だからこそ余計、惚れる。
 ・・・ですよね。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

投稿: たますけ | 2009年3月 4日 (水) 12時09分

☆たますけさん
たますけさんは呉市にお住まいなのですね。海軍・戦艦大和など男らしいイメージがあります。どんな街なのかなあ・・・。生まれた時からずっといらっしゃるんですか?たますけちゃんは呉の猫だったの?(質問責めでゴメンナサイ)
もうすぐ母の一周忌法要があるんですけど、またタクシーの運転手さんから拳さんのお話が聞けるかもしれません。とても自然にみなさんとおつきあいされていて、ゴミ拾いやドブ掃除などにも必ず参加し、あの人懐っこい笑顔で旅先の思い出話などをよくされていたそうです。なんかいいですよね、人間くさくてそういうの。だからみんなが大好きになっちゃう。

投稿: SATOMI | 2009年3月 4日 (水) 16時03分

☆SATOMIさん、お疲れ様です。
はい。生まれてこの方、ずっと呉に住んでいます。外に出ていないからか、「こんな町じゃあ!」と誇れるものが・・わからんのです。あ、たますけも呉ネコです。
「帽子」での牟田さんと拳さんのやりとり。「昔の光、今いずこ」その通りです。
旧海軍に関する施設ばかりで。戦後、工廠造船部はそのまま巨大タンカーを次々送り出し。製鋼部は日新・神戸・淀川製鋼所となり。高炉の火で夜も空が赤かったなぁ。
が、造船不況、神戸・淀川製鋼の撤退で、町は人が減り、商店街もシャッター通りに・。
「帽子」のロケ地:三条通りも然りで。
じゃけぇ、三条でのロケがあると知った時には、腰が抜けそうになりました。
 「ほんまかいな?」
私の見方が偏ってるのか、海軍→戦争のイメージになってしまうのです。
ハチブンメーで「呉にも訪れたい」という方々に、「ここはお勧めですよ」とコメントも出来んかった。
ただ・・・湖と見紛う様な凪いだ海と島。は、あります。
きっと、1度でもここを出て暮らせば、その良さが分かるのでしょうが・・。

投稿: たますけ | 2009年3月 4日 (水) 19時21分

☆たますけさん
瀬戸内海の穏やかな海、いいですね~!常に猫と暮らしているので、あまり旅行に行ったことがない私。ホントは自然が大好きでとても憧れています。定年後は猫を連れて、静かな街で暮らすのが夢でもあります。たますけさんは呉が好きだからずっと離れずにいるのでしょう?そういうの、いいですね。

投稿: SATOMI | 2009年3月 4日 (水) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022403/28458205

この記事へのトラックバック一覧です: 大好きな人:

« チーズ君との一日は・・・ | トップページ | 母のこと »