« 仔猫ちゃんず、旅立ちの日 | トップページ | 乳母として。 »

猫の神様へ

仕事を終え、自宅近くでバスを降りた時に携帯からカーペンターズがnote

(着メロ、「青春の輝き」なんですよhappy02

「一晩で凛ちゃんに情が湧いてしまいました。3匹を引き離すなんてできない。」

Y様からの素敵なお申し出でしたshine

私に反対する理由があるわけがなく、うれし泣きしながら「お願いいたします」と。

「名前も凛ちゃんのままにします」と言っていただきましたhappy01

りんこ姫、また神様にスリスリおねだりしたんでしょ?

あとはやっぱり、こなつ君。

Y様ご夫婦のところに帰ってきたんだよねcat

猫の神様はみんな知っているんでしょう。

私に託された3つのかけがいのない命、

間違いなく届けることができましたよ。

ライ、玄、そして凛ちゃん。

私を見つけてくれてありがとうheart02

これからも乳母としてずっとずっと見守らせてね。

513_2 

|

« 仔猫ちゃんず、旅立ちの日 | トップページ | 乳母として。 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

りん、やりましたね(*^^)v 今「よくできました」と褒めてきました(笑)。
Y様ご夫婦、3兄弟の命を繋いでくださって
本当にありがとうございます。
SATOMIさん、小さな小さな仔猫ちゃんず、
どれほど大変だったでしょう。
何も出来ずに・・・ごめんなさい。
巣立って行ったあとは心がさみしくなります。
巣立った子から便りがあると、徐々にさみしさは無くなっていきます。
里親さまのお力が、そうさせてくださいます。
いまは気持ちに素直に(*^_^*)
みんな元気で長生きしてください♪

投稿: hako | 2010年5月31日 (月) 13時09分

>hakoさん

姫に「本当にありがとう」と伝えてください。
仔猫たちを保護してからずっと姫の気配を感じていました。
それぞれの思いがしっかりと繋がって、
情の厚いY様ご夫妻に仔猫たちを託すことができました。
「ずっと一緒にさせたいですの」って、神様にスリスリしている姫が見えるようです(笑)。
今の私は世界中に感謝の気持ちでいっぱいです。

投稿: SATOMI | 2010年6月 1日 (火) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022403/34963847

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の神様へ:

« 仔猫ちゃんず、旅立ちの日 | トップページ | 乳母として。 »