書籍・雑誌

ブランケット キャッツ

大好きな重松清さんの本のタイトルですbook 2泊3日で毛布と一緒に貸し出される猫たちと、悩める人間たちのお話ですthink 最近読んだ本の中で、イチオシですgood ハードカバーの表紙もキュートheart01 猫が出てくる本はたくさん持っていますが、なんと言ってもNO.1はポール・ギャリコさんの「猫語の教科書」ですcrown 猫が書いた、猫のための人間を陥落させるテクニックと人間観察が猫の目線で愛情深く描かれていますcat 「猫はきまぐれで恩知らず」と言われていますが、猫ほど情が厚い生き物はいないのではと思わせるほど面白い本ですhappy01 最近は「きょうの猫村さん」効果で猫の癒し力が注目されていますが、ホントに猫って人間をよく理解していると思いますconfident 私は猫語は話せませんが、「あのこ、最近見かけないけど元気かなぁ」なんて思っているとヒョッコリ姿を現し、「呼んだかニャ」って顔で見つめられることがよくありますwink ちゃーんと私からのテレパシーを感じてくれてるんだなーって思います。こんな風にチーズ君とも何不自由なく会話できてる私ですcat 

| | コメント (0) | トラックバック (0)